彼を「また会いたい」気持ちにさせる~デートのときの別れ方

好きな人との楽しい時間はあっという間です。「また二人で素敵な時間を過ごしたい」。そんな気持ちが最高潮に達する別れ際を、大人の女性として演出してみたいものです。彼がもっとあなたを好きになるデートの終わり方、心がけてみましょう。

『終わってしまう寂しさ』よりも『いっしょに過ごせた喜び』を伝えよう

彼がもっとあなたを好きになるデートの終わり方

大好きな人なら、誰でも「まだ一緒にいたい」「もう別れるのは寂しい」と思うもの。でも、あまりに強すぎる悲しみはご法度です。残るのは最後の印象。その日一日の楽しかったひとときが、重たい気持ちで帳消しにされてしまいます。

別れ際に泣き言をいったり、涙を見せると彼は困ってしまいます。男性は、女性を笑顔にすることに喜びを感じるもの。デートが終わりに近づいてきたら、まずその日一日の感想を伝えましょう。彼との時間がどれだけ嬉しかったかを言葉にする。そして笑顔で「また誘ってください」と、サラリと言いましょう。

The recommendation site
青汁応援便
毎朝の置き換えに欠かすことのできない人気商品がいっぱいあるよ!

「次はいつ会えるの?」としつこく迫るのはNGです。「会いたい」気持ちはわかりますが、そこはぐっと我慢してください。相手に執着する態度は控えるように意識してみましょう。男性にとって「重い女性」は一番こたえるものです。自分の感情をコントロールして相手の気持ちを軽くしてあげようという思いやりを持つくらいのつもりで。それが「いい女」へのステップです。

男心をキュンとさせる~別れ際のこんなしぐさ

さよならの時間が近づいて来たら、あなたから手をつないだり腕を組んで彼にくっついてみてください。「まだ離れたくない」と言葉で伝えなくても、そんなさりげない行動が、あなたの気持ちを可愛らしく充分相手に伝えます。

男心をキュンとさせる~別れ際のこんなしぐさ

「次のデートはいつ?」とあえて訊ねなくても、「今度はこんなところに行ってみたいな」「次はあなたの車に乗ってみたいな」など、さりげなく会話の中で次回の提案をしてみてください。また、彼の希望を聞いてみるのもいいでしょう。そうすることで、男性は誘いやすくなりますし、二人の計画がワクワクと広がります。

別れ際、「またね」と言ったあとに不意にキスをしたりギュッと抱き着いたりすると、彼はドキッとして離れた後もあなたのことを想ってしまうでしょう。笑顔で手を振るのも大切ですが、その中にふとした切なさ、寂しそうな表情を浮かべる。そんな微妙な素直なリアクションも大切。

どんなに笑顔で別れても、あまりに爽やかすぎる離れ方は「俺といなくても全然平気なのか」と思わせます。「あなたと別れるのが寂しいんだよ」という気持ちをさりげなく表現することで、相手のハートもキュンとなります。ちょっとした工夫と心がけが、二人の時間をかけがえのないものに育ててくれるはず。

車の社会に対応していく生活必需品

最近は車社会になっています。

都会では公共の交通機関を利用する事によっていろいろな所に行く事ができますが、地方であればやはりこの車が大切な移動手段になってきますの。

車の社会に対応していく生活必需品

それゆえ多くの方は生活必需品になっているのでないかと思います。

その中には専用の車以外にもセカンドカーを所持している方もいるかもしれませんね。

この車と言うのは高級車になってくるとその価格もかなりのものになってきますのでそう簡単に購入する事は難しいのかもしれませんね。

しかし軽自動車であればその価格も安くなっているので購入しやいすいのかもしれません。
⇒軽自動車 自動車カタログ 【オートックワン】

またこの車と言うのは新車の場合は3年事、またそれ以外では2年事に車検を受ける必要が出てきます。

ですのでその分の費用も見積もっておく必要が出てきます。

その点普通車と比べて軽自動車であればこの車検費用も安くなっていますので最近は人気が出てきているみたいですね。

また軽自動車以外にもエコーが多くなってきている様です。

このエコカーの中には低燃費の車も多くなってきています。

⇒エコカー減税 – トヨタ自動車

低燃費の車であれば私たちの様な利用する側とても便利になってくるかもしれません。

そして最近は燃料であるガソリン価格の値段も高くなってきています。

ですので経費削減の為にこの様なエコカーを利用する方も多くなってきているみたいです。

またこのガソリン車の他には電気自動車や水素を燃料とした車も最近は注目を浴びる様になってきています。

この様に今は多くの車がありますので消費者も選択肢が多くなってきています。

ですので自分に合った車を選択すればいいのではないでしょうか?
毎日の通勤や通学、また趣味やレジャーなど、その用途も多いかもしれません。

そして気分転換にドライブをする方もいるかもしれません。

この車の利用の仕方も人それぞれではないでしょうか?
それゆえ楽しみ方も多くなってくるものと思います。

今後もこの車の種類も多くなってくるものと思います。

私たちもその様な車に注目していきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加